球アンプを愛する常連凄腕様力作です。

O氏製作の6V6 アンプ


前々から気になっていたアンプなんです、写真提供頂きました。これっトランス特注?
確かバイアスを切り替えるとかO氏言ってた。NFBだったか。。

この色はリケンのリケノーム?ディールも見えます、嬉しいなぁ〜 緑のオイルコンロシアも入ってる。

でかいなぁと思ってましたけど上から見るとコンデンサの大きさに驚きます。
トランスが小さく見えます、6V6は勿論真っ黒のロシア管です。
そうそうこのころからロシア管は明瞭な音(カチッとした音)が出ると教えてもらってました。

O氏改造の6F6 PPアンプ


ロシアの6F6互換球を使ったPPアンプパネルが光っています。。マッキンスタイルはサンバレーのキットです。
ロシア6F6に前段にタングスラムの12AX7です。
色々と改造予定が有るようです。
凄腕O氏は随分と前からロシア管の明瞭なカチッとした音をご報告頂いてました。
私の記憶が正しければこの数ヶ月でロシア管使って何台か作られていますねぇ〜3台は作っているかも・・・
スッキリ気持ちの良い優しい方なので装置にも余裕な優しい音が出ている事は聴いて無くても想像できます。

O氏製作の6BM8アンプ
3台どころじゃ無かったようです・

ミサイルスイッチ付けてます。カーマニア?だった事も分かっちゃいます。

GTソケットにアダプター付けて6P1Pの音を聴いてますね、見えてます変換ソケット!
自分もチューナー1台欲しいなぁ〜

その後O氏に6N2P-EVの試聴評価いただきました。

現行生産球よりは上でしょう。ノイズがないのが特に良いです。
ヒーター電圧の切り替えが簡単に出来ないので、他のブランド球と
比較視聴出来ていませんが。
最初、火を入れたばかりではどうかなと思いましたが、
今はだいぶ進んだので、聴けるようになりました。
ただ、音の重心がもうすこし下がってくれると良いような気がします。
音に厚みが少し足りないかなと思いました。
明瞭で明るいカラットした音なので、出力管次第で変わる可能性あります。
手持ちのアンプとは比較試聴しましたが、余り遜色ありませんでした。
この辺は好みにより意見が分かれるのではないでしょうか?


出力管のテストですか、整流管はロシア球、ドライバー段もロシアの球ですか。

ベースに青い文字?フィリップス製でしょうか。

ロシアの6L6GC互換球ですね、結構良いと思うのですが・・


おっ! その後インパクト有る化け物電解コンに銅箔巻いてロシアの6F6互換球になってる。

前段はロシアではないサイドゲッター球ですね。

貴重な評価ありがとう御座いました。



戻る