幌 オイルダンパー交換
流血戦です、直ぐ怪我します・・血が苦手な方は読み飛ばしてください。

何かすると直ぐ指挟んだり切ったり20年前には考えられなかったと言い訳しても無駄ね

3カ所も怪我して"おばさんから"車が血だらけだよ・・・
ポンコツ整備始まりです。
先ずはココに付いてる小さなオイルダンパーを左右とも交換です。

ピロボールに被った受けの金具をマイナスドライバーでこじって緩め外します。
後ろの幌が跳ね上がった状態なのでダンパーは縮んだ状態です。
すんなり外れちゃいました。

伸びないじゃん、オイルは抜けきり何の役目も果たしていないダンパー
一方OEMダンパーは全体重をかけないと縮みません

このまま付けても伸びてるから付けられませんので縮めた
状態で太めの結束バンドで締め上げて装着しました。
完全に縮めなくてもある程度縮めておけば跳ね上がった幌を寝かしていく行程で装着できます。
動作中では無いですよ、手で動かさないと怪我します。
更に上の奥に少し長めのダンパーが左右に有るけど今回はこの小さくても固いダンパーだけ交換しました。
日本にはプロ顔負けの猛者さんがいて当たるロールバーは短くしちゃうしダンパーも朝飯前の作業みたいだし神の手状態です。

当たって削れたロールバーはテープでグルグル巻きです”ポンコツ仕事”
恐怖の”バキッ”音はなくなりました、コレで春先動かせるぞ!
と思ったのもつかの間、跳ね上がる後部幌の下ゴム部と収納フードが開くときに干渉します。
鼻水流しながら頭を傾げても解決策無しだし、閉動作は問題ないけど開動作はいつの間にか
内側から幌の鉄骨関節を手で折らないとエラーが出て動きません?????
悩んだ挙げ句オイルシリンダのオートSWの位置かな?とかストッパーゴムの位置かなとか
夜うなされました、天気の良い次の日は北風も無く再チャレンジすると何事も無く凄く良い動き
もしかすると寒さで作動オイルが渋かったのか、良くあるイタ車特有のお茶目か
いずれにしても前オーナーはバキッバキッ動かしていたようで内側幌が破れ金属が出ているので
それも修復予定です。
他はどうでも良い・・・幌だけは完璧に動けば良いよっていって買ったスパイダーは幌動かず
ガソリン漏れ、オイルはドロドロ、小傷だらけ、でも手を加えていくと可愛くなってきます。
ポンコツ球露屋だけど面倒見てやろうって気分になってきました。
日本の中古車を主に販売しているお店ではイタ車は無理って事です。
持病等を前もって調査したって販売のプロが知らないんだからね。
幌、ロールバー”バキッ”対策はこのダンパーから始めた方が良さそうです。
ディーラーで購入すると2本で25,000円位するみたいだけど今回球露屋で使った同型
で良かったら2本15,000円で取り寄せ可能です、欲しい方はご連絡ください。


戻る