質問されても意見されても全く分かりません適当に作業して音を楽しんでいるだけです
そこら辺分かって頂ける余裕な凄腕様だけ笑って見ていってください。

VRDS-7



色々なシーンで活躍してくれたパイオニアのCDデッキ
ターンテーブルタイプでCDをレーベル面を下にしてセットする。
ラインアウトの音も良いし結構贅沢な作りだったけどCDRメディアを選ぶという事と
デザインが馴染めなかった、動作中に何か微かに筐体内部から音がする・・

そんなわけでVRDSにしばらく頑張ってもらおうと換装しました。
パイオニアの時のように音比べ出来るほどラインアウト出力の音は今一歩
弱々しく何となく閉塞感、これもわかっていた事です。
トランスポーターとして使う事前提で樹脂製のVRDSメカを積んだVRDS-7になりました。
ドライブはハイエンドメーカーにも採用されていると言う点ではパイオニアもTEACも同じです。

樹脂製と金属製のドライブ。。両方持ってるけど”安い樹脂製の方が音良いよ”天の声です。
ワディアのお話ですが・・これ以上はノーコメント
ラインアウトは考えない(捨てる)CDRもそんなに選ばないしっかりしたトランスポート
往年の名機が良いという事でこれになりました。

デジタル出力を自作同軸ケーブルにてDACパラ1000へ
光出力もDAC球露屋スペシャルへ
ラインアウトもプリへつないでおきましょ

内蔵DACはフルエンシー系の音のように軽いです。
素直な音なのはわかるんだけど物足りないしもう少しスカッとしたい
精度の高い日本的な音という感じでしょうか?
球露屋スペシャルは力強さが凄い艶やかさも奥行き感もあり粒立ち肌感を感じる
何よりも高音の抜け到達力はVRDSの良いところでしょうか?
夜遅かったので変面バッフルSPとシングルアンプでの試聴ですので低音の評価は後回しです。
続いてパラ1000に切り換えて秒殺。
更に奥行き立体感が出て艶っぽいです、作ってるって! イエイエそんな事はありません。
情報量が欠落しているなんて全く感じないどころか増えてるように感じます。
立体感を感じる音になりました。DACに因るところが大でしょうがVRDS-7の通る音は貴重です。
産業用自動機のスイッチみたいなのもなかなか良いジャン
これからはこの黒い古い奴に頑張ってもらいます。

その後中の様子をのぞいてみました。

上カバーは六角キャップスクリュー

天板はプラスネジってまるでアルファロメオのアンダーカバー取り付けネジみたいジャン

効果は有るんでしょうね、でも銅箔張ったり小手先仕事のようで大嫌いです。
大手メーカーがやるような事じゃない(辛口)
この状態で左側の基盤は機能停止しています。

アダプターのトランスのように小さいです、電源がおろそかな感じがします。

銅の板張る暇有ったら平滑コンの数でも増やした方が。。それも又素人考えかな
そんな事ブツブツ独り言いいながらケーブルのコネクターを抜いていきます。

水晶にまで銅箔が巻いてある、どう見ても電源が弱々しいどうせ壊れるまで使い倒す計画なので
音の良くないDAC部分とオペアンプ部の電源供給と信号供給を遮断する事にしました。
少しでもサーボ回路に余裕な電力が供給出来るようにお呪いですね。
そんなわけで球露屋のVRDS-7はピン出力が完全に遊休となりました。
暇な時にコンデンサーでも考えましょ





理屈も理論も分かりません.そんな訳で毎回理屈抜きで遊んでいます
実際に使って聴いて言いたい放題しています。
質問されても全く返答出来ません時間潰しに見て頂ければ嬉しいです。




戻る