巨匠デザイナー達の仕業
博物館にある奴より綺麗だったりしてます。
どこがスイッチ?何て言ってる者は対象外
こんな世界が何年も前からあった




ロッドアンテナの状況を見て察すればワールドワイドラジオだと想像は付くけど

数十年も前にこんな斬新なデザインで作られていたなんて
ドイツブラウン恐るべし、デザインは今でも騒がれている若かりし頃のラムスデザインです。

博物館展示レベルの状態です
ビンテージワールドワイドラジオで今でも下手なPLL受信機より音も良く感度も良い。

これも若かりし頃のラムスデザインのラジオですね。
これって実際に博物館に飾ってあるようだけど。。。これは新品同様ですね。

回路図まで有ります、テレフンケンの良い球使ってる音も言わなくても。。良いですね。

ヌッペリしたパネルにまるいボタンだけなんだけど。。凄く格好良い
30年以上も前の作品かと思いますが今でも斬新球ラジオ

日本じゃ字が小さいだのボタンが小さいだの。。苦情言うんだろうね。
当時チョッと余裕なドイツの床屋さんとかで普通に使われてたと思うとドイツ人あっぱれと言いたくなる。

ドンドン行ちゃいましょう。

これはBRIONVEGA ブリオンベガの。。。。

ラムスとは又一味違うデザインです。
秋葉原の某所で高く売られている復刻版ではなくオリジナル当時の物です。
その証拠に・

周波数が日本じゃないでしょ。

1000円でもラジオは聴けるけどこんなので聴く普通のラジオも味有ります。
オーディオも全く同じですね、100円の球でも聴けるけど満足感充実感はどうなのかな・

ねっ! これも同じです。

どうやって鳴らすの?何て人は対象にしてませんね。
グジグジ言ってないでガチャガチャ動かせば良いだけです。

気が付くと手探りで使えてるんです。
貧乏生活していた(今も)時の方が遊び心も一か八か精神も壊れても直したる!
そんな気力はあった気がしてます。
石橋叩いて渡る前に石橋壊す、そんな現代寂しい限りです。

番外編だけど、惚れ惚れする機構に作り

繊細な機構なのにとても丈夫、最近の金属ライクな樹脂とは次元違いです。

シーメンス。ジーメンスの新品同様のスピーカー・・
中のユニットは。。。。そうだよね! 納得


迷走は更に続く・・・To be continued


理屈も理論も分かりません.そんな訳で毎回理屈抜きで遊んでいます
実際に使って聴いて言いたい放題しています。
質問されても全く返答出来ません時間潰しに見て頂ければ嬉しいです。


球露屋の気ままなオーディオ探検へ戻る

球露屋ホームへ戻る